日仏アソシーションAssociation Franco-Japonaise


by takibifrance
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2月中に大使館領事部に届けられた邦人の犯罪被害件数は51件で、今年に入ってからの合計は、2月28日現在、107件となりました。



今月のコメント

・先月同様、犯罪の手口は、多い順にスリ、ひったくり、置き引きでした(通常、置き引きの件数がひったくりより多い)。また、被害者の8割近くが女性でした。

・ひったくりの報告件数は先月と同じ8件と目立ちました。夜間に、地下鉄駅からホテルへ戻る道路上での被害が複数件報告されています。

・季節柄、学生の被害が目立ちます。



【2月の被害例】
(1)地下鉄オペラ駅で電車に乗り込む際、3人組の少女に押し込まれ、時計を見せてと言われたので時計を見せている隙に、かばんの中から旅券等を盗まれた(女性旅行者)

(1)空港からパリ市内へ向かう高速郊外鉄道B線の車内で、座っていた席の後方で小銭を落とした音がしたので振り返ると、男性が自分の背中と背もたれの間に手を伸ばして小銭を拾っていたが、そのスキに、前の座席に置いていたリュックサックを別の男に持ち去られた(男性出張者)

(3)ルーブル美術館を見学中、背負っていたリュックサックのファスナーがいつの間にか開いており、中から貴重品入れを盗まれた(女性旅行者)

(4)地下鉄4号線シャトレ駅で電車に乗り込もうとした際、前を歩いていた女の子が突然立ち止まり自分にぶつかりながらドアが閉まる直前に降車したが、電車が動き出してから確認すると、バッグの中から財布を抜き取られていた(女性旅行者)

(5)地下鉄6号線ビラケム駅で電車に乗車直後、5~6人の男に囲まれ密着された際、別の男に声をかけられたが、あとで確認すると、かばんのファスナーがいつの間にか開いており、財布と旅券を抜き取られていた(男性旅行者)

(6)銀行のATMを操作中に、突然、操作画面の上に紙を置いて画面を見えなくされ、混乱した隙に、ATMを勝手に操作し、現金を持ち逃げされた(男性旅行者)

(7)地下鉄2号線バルベス・ロシュシュアール駅構内のエスカレーターに乗車中、前にいた男がものを落として立ち止まり、エスカレーターが詰まったところで後ろの男から挟まれるかたちになり、その際に、バッグの中から旅券等の所持品を盗まれた(男性旅行者)

(8)凱旋門の屋上で夜景を眺めていた際、肩から提げていたショルダーバッグの中からいつの間にか財布を盗まれた(女性旅行者)

(9)オペラ通りを歩行中、見ず知らずの人物にぶつかられたが、あとで確認すると、かばんの中から旅券等の貴重品を盗まれていた(女性旅行者)

(10)タクシー代金を支払いタクシーを降りようとした時、運転手にかばんを引っ張られ強奪され、タクシーはそのまま走り去った(在留邦人男性)




1.「在フランス日本国大使館ホームページ」による情報提供
    在フランス日本国大使館ホームページ(http://www.fr.emb-japan.go.jp)では、
日仏二国間関係に関する情報やフランスの基礎データ並びに文化事業の各種ご案内や領事情報などを提供しています。

    そのほか、邦人の安全に係わる緊急事態が発生した場合には、緊急情報を掲載しますので、ご確認ください。

    また、同ホームページの領事情報(http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/menu-ryouji.htm)には、安全対策に関する情報を掲載していますので、併せご確認ください。



2.「メールマガジン」による情報提供 <個人向け>
    毎月1回(7日前後)、海外での生活に際しての有益な情報やフランス国内の安全情報の他、緊急を要する情報等について、登録された方にメールをお送りしています。ご希望の方は、在フランス日本国大使館ホームページ

    (アドレス http://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mlregist/fr.htmlにアクセスしていただき、氏名、生年月日、メールアドレス等を登録してください。



3.「安全対策ネットワーク」による情報提供<企業・団体向け>
    メールマガジンとは別に、企業・団体の皆様を対象とした情報提供も行っています。フランス国内のストライキ情報や、外務省が発表する広域情報などの安全情報を随時、メールにてご提供しています。ご希望の場合は、在フランス日本国大使館ホームページ(アドレス http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/taizai/anzentaisaku.htmlにてご確認の上、「anzen@ps.mofa.go.jp宛にご担当者の氏名、所属、メールアドレス等を送信してください。



・・・在仏日本国大使館メールマガジン115号から抜粋
[PR]
by takibifrance | 2013-03-09 00:31 | 【仏日本大使館メルマガ】